無料トライアルは15日間

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

月別アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック

Grouptube / スタッフブログ / 簡単にSNSを構築するならGrouptube(グループチューブ)
スタッフブログ
2007.08.10 Friday
社内ブログ・社内SNS市場でシェアNo.1と言われているのがドリコム社になります。そのドリコム社の業績については同業他社も注目していると思われます。当社も当然注目しており、8月6日に発表された2008年3月期(第7期)決算説明資料をじっくりと調査分析を行いました。

その分析の一部分について、簡単に紹介いたします。

この資料の中で着目すべきはP.16にある導入企業数の比率と売上高の比率です。導入企業数ではASP型が82%の数を誇ってるにも関わらず、売上額としてはパッケージの比率が非常に高い結果となっています。つまり、パッケージを導入した場合の単価が非常に高く、市場的にはカスタマイズ性が高いパッケージを導入していくといった流れが強いということがうかがえます。

GrouptubeはASP型のサービスとなりますので、流れ的には非常に苦しい立場にあると考えています。ですが、Grouptubeではパッケージ型では実現できない品質のサービス提供と、パッケージ型でなくともお客様の要望にこたえることができるような柔軟なカスタマイズを行えるASP型サービスを提供していきたいと考えています。

(…とはいえ、両立させるのは非常に困難なのですが。)
2007.07.13 Friday
平素よりグループチューブをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

先日社内向けSNSサービス「ホウレンソウ」のサイトが公開され、おかげさまで
多数の企業様からのお問い合わせ・お申し込みをいただけるようになりました。
本当にありがとうございます。

今月は、グループチューブやホウレンソウを「社内SNS」としてご利用いただく際、管理者やユーザーの皆様に、もっと便利に、もっと快適にご利用いただけるよう『グループウェア機能強化月間』を行ってまいります。

来週から週に1つずつ、社内SNSに役立つ便利な機能をリリースします。

第1弾:ToDo機能
第2弾:???????
第3弾:???????
第4弾:???????

どうぞご期待ください!
2007.07.05 Thursday
お気付きの方もいらっしゃると思いますが、先週から
Grouptubeのトップページに表示されている画像がレッサーパンダになりました!







素材提供元は「Kazoo」さん。
レッサーパンダ以外にも、カメラ目線のマレーグマや水中をただようクリオネなど、
思わず顔がほころんでしまうような素敵な写真をたくさん提供されています。

日々の仕事に疲れたらこのレッサー君をぼんやり眺めて
なごやかな時間をお過ごしください。

今後ともGrouptubeをよろしくお願いいたします。
2007.07.03 Tuesday
社内SNSの導入効果について、効果測定という分野に非常に興味があります。

まずは、とっかかりとして社内SNS「タンパク」上で行ったアンケート結果を掲載します。

アンケート結果

大前提として「タンパク」は日報を報告するために、全社員が必ず1日に1回はログインをするかたちとなっています。ですので、「社内SNSなんて必要ない」と感じてる層の方々も、このアンケートには参加しています。ただ、回答数が全社員の1/3にも満たない数であるため、全社員の意見を吸い上げたわけではありません。

ですが、アンケート結果として「タンパク」の好評さがうかがえました。今後は、この意見をもっと細分化していく形で、どのあたりが良かったのか、どのあたりがダメだったのかを探っていきたいと考えています。
2007.07.02 Monday
INTRA BLOG/SNS USERS GROUP: iUG Vol.6開催のお知らせ!
今回のテーマは「社内ブログ/社内SNSにいる機能、いらない機能」です。


上記の研究会に参加してきました。その報告を簡単にしたいと思います。

研究会の素晴らしいところは、講演だけではなくグループディスカッションを用意しており、ディスカッションの内容を当日その場で発表するという内容の濃さです。その分参加する側も覚悟が若干必要になるのですが、今回のグループディスカッションでは、PCを持っているという理由だけで、私がパワーポイントで軽くまとめたものを発表してきました。

個人的には、こういったグループディスカッションでは、社内SNSが最終的に目指すところとしての「効果測定」の話をしたかったのですが、残念ながらこの分野を話しこめるだけの時間はありませんでした。ですので、どういった機能があるとうれしいのかというのを、SNSの参加者の視点から色々と話し合ってきました。

社内SNSには、企業内のコミュニケーションを促進させるためという大きな目標はあるのですが、さらにそのためには何が課題となっているかという点に落とし込んで話をしてきました。

私の参加してたグループからは、コミュニケーションの起点として「プロフィールが大事だ」というわけで、そのための課題として「どうやってプロフィールを書いてもらう?」というところから「経験バトン機能」や「若葉マーク」といった落とし込みがあり、非常に有意義な意見交換ができたのではないかと思っています。

この研究会の成果については、サービスの中に順次盛り込んでいき、最終的にはGrouptubeをご利用頂いているユーザー全員に還元していきたいと思っています。

以上、手短ですが研究会の参加報告でした。
2007.06.28 Thursday
当たり前のことなんですが、社内SNSにはいろんな形があります。最近気づきました。

■大企業のケース
基本的に、招待制を採用してプレミア感をあおりつつ、参加者の参加意識(自らが選択したという意味で)を強化していく。業務と無関係であることを最大の売りとする。


■中小企業のケース
招待制ではなく、全社員参加を義務付けグループウェアと非常に近い使い方をしている。グループウェアと同じ位置づけなので、ログインするかどうかという参加意識については、社内SNSにログインしないと業務が回らないような仕組みづくり(日報を書いたり、スケジュールを勝手に組み込んだり)が必要。

どっちのケースを取っていくのかで、全然方向性が異なります。いろんな企業の話を聞いてると、期待されてるのはどちらかというと下のケースなんですよね。

今現時点で、グループウェアを導入してない企業が60%もあるので、グループウェアという切り口では導入に至らなかった市場というのがまだまだ沢山あるということなのかなぁ。
2007.06.28 Thursday
本日Grouptubeの導入事例紹介ページに、「有限会社オリオ様」と、
株式会社新日本電気サービス様」のSNSを掲載させていただきました。

オリオ様
有限会社オリオ様「dumbo」

日本電気サービス様
株式会社新日本電気サービス様「Namihei(波平)」

導入事例ページ
http://grouptube.jp/case/

ご協力いただき誠にありがとうございました!
2007.06.28 Thursday
「適切な範囲に自分の意見を伝達できるかもしれない空間を創出したこと。」

例えば、MLだと自分の意見を適切な範囲に伝達はできるんだけど、必ず伝達できちゃう。だから、完全に業務だと言い切れる情報以外は出しづらい。
→無駄をそぎ落とす空間にはなるが、その無駄から生まれてくるのがイノベーションだったのではないか。
→「情報共有」と言われてる中で、一番重要なのは「情報を出すこと」である。情報を出してもいいか悪いかわからない場所しか提供されていない場合、情報を出すことがリスクとなる。

既存のナレッジマネジメントのツールは、情報を業務命令として出させていた。しかし、社内ブログや社内SNSというのは、業務命令以外でも情報を出すという風習を社内に根付かせるための良いツールとなっている。

■自らの発信と企業人の両立の難しさ
仕事というのは、1日の1/3以上も時間を拘束されているため、その人の人生の中でもかなりの割合を占める行動になる。その行動の内容に関して、なにかしら考えていない人などいない。そこで、色々思ったことや考えたことを人に伝達をするという欲求が生まれる。その欲求を満たすにはどうしたらよい?
→いわゆる愚痴なんてのは、おおっぴらに出すものでもない。
→愚痴とかじゃなくて、ちょっとした思いつき、アイデアというのをどこで表現する?直接上司に進言?飲み会の席で?会議の場で?それとも、外部のブログ上で?

ちょっとした思いつきやアイデアなんてのは、会議の場を設けて出すものだとハードルが高すぎる。(「会議の場になるなら出さなくていいや」とか、「上司に直接言うのは気が引けるな〜」なんてアイデアは、頻繁ではないにしても偶に思いついたりしませんか?)

かといって、企業内での活動に関しては、守秘義務があるためおいそれと外に向かって発信をすることはできない。この状態は、表現活動に一部抑制がかかった状態ともいえる。そういった抑制を取り払うためにどのようにしたらよいのかというと、守秘義務で問題になることのない「会社の人しか読まない場所」を提供し、そこに発信できる手段を用意してあげることで解決する。

そこで出てきた思いつきやアイデアが、会社にとっても有益なことであるケースがあり、そうすると従業員の満足度向上+イノベーションの創出という一石二鳥なツールとなりえるのではないか。
2007.05.30 Wednesday
20070530_326075.jpg
展示会に出展中です。まだまだ、これから!
2007.05.17 Thursday
先日、GrouptubeにRSSを読み込んで表示する機能を実装しました。(すでにOwnerSNS内では公開していますが、こちらではまだリリース報告をしておりません。)

このRSSを読み込む機能の説明をする前に、RSSという技術の真価というのは何所にあるのかという点をはっきりさせておきます。

RSSについては「RSSリーダー」というアプリケーションで象徴されるように、「情報の集約」という部分で利用されるケースが目立ちます。しかしながら、RSSの真価というのは集約ではなく「流通性」と、その流通性にささえられた「自由度」にあると考えています。

流通性に関しては、「セマンティックウェブ」という概念と非常に近いのですが、RSSでは表示するためのデータではなく、データそのものを取得することができるため、非常に高い流通性を有しています。そして、取得したデータはどのように表現してもかまわないという自由度を備えています。この二点をうまく利用したものが「RSSリーダー」というわけです。

Grouptubeでは、この「RSSの流通性の高さ」を利用しようと考え、RSSを読み込む機能を実装し、主に利用者がログインする気になるホームを構築できるツールとして利用して頂きたいと考えています。

さて、ここからが具体的なRSS読み込み機能の使い方の解説となります。

まず、RSS読み込み機能はコントロールパネルにログインして、デザイン変更から行います。このデザイン変更のHTML部分は、SmartyというPHPのライブラリを利用しており、このSmartyのプラグインという形でRSS読み込み機能を実装いたしました。


■設定方法
読み込みたいRSSのURLを取得してください。以下のケースではhttp://grouptube.jugem.jp/?mode=rssというURLを利用します。

今回の機能は、Smartyのfunctionで用意しておりますので、以下のようにfunctionを呼び出します。

{parse_rss}

このfunctionは、引数が必要になります。以下の引数を受け取ります。

url:RSSのURLを入力します(必須)
assign_name:取得結果を格納する変数名を入力します(必須)
limit:取得したRSSの情報が多い場合に制限する数を入力します(任意)

これを実際に呼び出すには、以下のようになります。

{parse_rss url="http://grouptube.jugem.jp/?mode=rss" assign_name="rss_items" limit="3"}

この呼び出しでは、URLで指定したRSSの情報をとってきて、rss_itemsという変数名に結果を格納して、件数は3件までという命令を行ったことになります。

この命令でrss_itemsという変数に値が格納されましたので、この値の利用は以下のように行います。

{foreach from=$rss_items item="rss_item"}
{$rss_item.date}&nbsp;{$rss_item.time}
<a href="{$rss_item.url}" target="_blank">{$rss_item.title}</a>
{/foreach}

この場合のrss_itemという変数には、以下の値が保持されています。

date:itemの投稿日付を西暦4桁の通常の形式で表示
time:itemの投稿時刻を秒単位まで表示
url:itemの固定URLを表示
title:itemのタイトルを表示
subject:itemのカテゴリを表示
description:itemの概要を表示

以上、リファレンスも兼ねての説明でした。
Check