無料トライアルは15日間

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

月別アーカイブ

最新のコメント

最新のトラックバック

Grouptube / スタッフブログ / 簡単にSNSを構築するならGrouptube(グループチューブ)
スタッフブログ
<< Grouptubeは一周年を迎えました | main | 内定者フォローのためにSNSを利用しませんか? >>
2007.03.08 Thursday
いきなり記事の紹介となりますが、内定者向けSNSについて考察している記事の紹介となります。

売り手市場では優秀な学生を早く囲い込みたい - 『ビジネス2.0』の視点 [ITmedia オルタナティブ・ブログ]
この「売り手市場」の中で、優秀な学生は多くの内定をもらい、内定した企業の中からじっくりと選ぶ学生が多いようです。よって、予定の内定者数を集められないと同時に、辞退する学生の比率の高さに頭を抱えている採用担当者が多いのというのが実情です。


この方の視点は非常に大事なポイントをとらえています。それは、記事のタイトルとしても書いたのですが「市場の変化を見つけ、有効な対処を素早く行う」というポイントです。

景気の回復と合わせて、団塊の世代の退職に先駆けて、有力な後継者を見繕うべく企業が新卒の確保に必死となっており、バブル時代よりも売り手市場となっているのが現在の新卒労働市場です。(ちょっと前の私の時代と比べると、うらやましいというのが本音です。)

このような超売り手市場では、内定を出したものの就職を辞退されるという現象が増えるという現象が発生します。そんな中、内定を出した学生をどうやって引きとめていくのかというのは、採用担当者にとって非常に大きな悩みとなっているのではないでしょうか。

そこで、その悩みを解決の方向に向けるために利用できるツールとして内定者向けSNSが考えられます。

内定者向けSNSは意識の高い人たちで構成されており、運用もそれほど難しくないため運用の負担も軽めです。更にいえることは、ライバルとなる他社の動向です。内定者向けSNSが注目され始めたのは、去年の3月だったため既にライバルは初めているかもしれません。そこで問題となるのは、そういったツールを用意していない企業だけが立ち遅れるという状況です。

ほぼ全ての企業が内定者SNSを導入して内定者のフォローを行った場合、内定者SNSを実施していない企業が内定者を問題なく獲得するのは非常に困難となってくることが予想されます。これは、内定者フォローのためのコミュニケーションツールとしてSNSが「必須条件」となってくるということです。

今現在では、あまり多くの企業が内定者向けSNSを展開していないため、先行する分の利益(この場合内定者就職率)を獲得することができます。つまり、現時点では内定者フォローのための「十分条件」となりうるわけです。

「やるなら今しかない!」

これが今の内定者向けSNSの現状だと考えております。

コメント

コメントフォーム









 

トラックバックURL

トラックバック

団塊の世代の退職にあたって

今年でしたでしょうか。 団塊の世代の一静退職が始まるのって。 3月いっぱいならあと1ヶ月ですね。 長い間ご苦労様でした。

団塊の世代が老後に備えるべきこと | 2007/03/10 11:13 PM

内定者フォローのためにSNSを利用しませんか?

ひとつ前の記事でも書きましたが、SNSを内定者フォローとして利用してもらえる環境を提供しようということで、導入しやすい内定者SNS専用の「フレッシャーズパック」をリリースしました。 第 23 回ワークス大卒求人倍率調査 リクルート ワークス研究所 Works Insti

Grouptube / スタッフブログ | 2007/03/15 12:17 PM